印鑑を購入する場合、ショップ選びと合わせて考えておくべきポイントとして、印鑑に使用する素材があります。印鑑には様々な素材の種類があり、「木材」「動物素材」「加工品」などがあります。この中からどのようなものを使用するのかを選択するようにしましょう。

まずは木材系の印鑑についてです。木材系の印鑑は特に多く利用されているものであり、比較的安価で購入することができるというメリットがあります。使用されいてる木材にもかなり多くの種類があるため、その中から適切なものを選択することが重要になるでしょう。よく利用されている木材としては「黒檀」や「楓」などがあります。白い木材も黒い木材もあるため、見た目にもかなりの違いがあります。

次に紹介するのは「動物素材」の印鑑についてです。古くは印鑑と言えば象牙が高級品として知られていましたが、現在では象牙は保護対象になっているため基本的に使用することができません。この他には、牛の角などが使用されていることが多くなっています。

最後に加工品についてですが、こちらは金属な樹脂などが使用されている印鑑となります。独特な質感があるものが多く、新しいタイプの印鑑と言えるでしょう。

先程のページでも紹介したとおり、今やインターネット通販で利用することができる印鑑ショップというのは数多く存在しています。それでは、実際に購入を考える場合、どのような基準で印鑑ショップの選択を行えば良いのでしょうか。ここでは、印鑑ショップを選ぶ際のポイントについて紹介します。

まず重要になるのは、どのようなサービスが付随しているのか、ということです。印鑑ショップの多くは、印鑑を単純に販売して終わりというのではなく、アフターサービスなどを用意しています。例えば利用することができるアフターサービスの例として、彫り直しサービスというものがあります。印鑑を購入してから一定期間内であれば、無料で印影を変更することができるというサービスです。印鑑を購入したものの、氏名や商号などが変更になったことで使用できなくなってしまった、というような場合に彫り直しを利用することによって、別の印鑑として使用できるようにするサービスとなっています。

~参考HP~
摩耗・欠けが起きた印鑑の彫り直しができる通販サイト「いいはんこやどっとこむ®」

また、破損してしまった場合などについても保証を行う印鑑保証サービスが行われている場合も多くあります。こういったものがどの程度保証されているのかを確認しておくことによって、購入するのに適した印鑑ショップが選べます。

何故安い?

印鑑の通販というのは、インターネット上で検索をしてみるとわかりますが、かなりその数が多く存在しています。そして、それぞれの値段について見てみると、驚く程安い物も多いのです。実店舗での印鑑購入を行う場合にくらべても大幅に安い物が多く、人によっては安いことによって不安を感じてしまうのではないでしょうか。それでは、通販の印鑑というのは、なぜこれほど安いものとなっているのか、ということについて紹介します。

基本的に印鑑に限ったことではありませんが、インターネット通販の場合の方が実店舗で購入する方が安く設定されています。これは、インターネットを使用することによって、人件費の削減を行う事ができているというのが大きな理由です。実店舗での販売を行う場合、どうしても接客を行うための人員が必要となります。しかし、インターネット通販の場合にはフォームを使用するなどすることで、その人員を省くことができます。もちろんインターネット通販サイトの保守管理は必要となりますが、それでも人件費に比べると安くなるためです。

また、印鑑業者は数が多く、競争状態になっているのも価格が安くなっている大きな理由です。ほとんど卸値で販売しているような業者もあります。

印鑑を使用する場面というのは、私生活とビジネスシーンを問わず多く存在しています。そういった中で、自分が使用することになる印鑑の種類についてしっかり把握しておくことは重要なポイントとなるでしょう。では、実際に使用することがある印鑑としてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、正式な書類などに使用する可能性があるものとして、実印があります。この実印というのは印鑑自体の種類というわけではなく、法務局によって印鑑登録が行われている印鑑のをことを指しています。その印鑑が確かに本人の印鑑であることが外部機関によって保証されているため、安心して使用することができる印鑑ということです。

次に、印鑑登録が行われていない印鑑である、認印があります。この認印はちょっとしたことにも使用することができる気軽な印鑑となっており、一般的にはその人の苗字だけが印影として使用されるようになっています。本人確認のための印鑑であると同時に、意思表示の印鑑としても使用されることになるでしょう。

この他にも、用途の1つとして銀行で使用するための銀行印というものがあります。認印以外については、彫込で作ってある物を使用することが必要となります。それでは、印鑑を購入する場合にはどのような方法があるのでしょうか。実は昨今、実店舗で印鑑を購入する方法だけではなく、通販で購入する方法というものが登場しています。ここから先では、印鑑の通販購入について紹介します。